斎藤陽介さん、サッカーロシアリーグ2部で、離婚・引退を表明です

斎藤陽介

元横浜Fマリノスの斎藤陽介 さん、
現在ロシアリーグ2部でプレーをされています。

突然、ブログで離婚と引退の決意を表明された模様です。
みなさん、どうお感じですか。

すぐに、気づくことは、ブログに投稿されたということです。
もちろん、ファンの方への報告の意味もあったのでしょうが、

ブログのもつ意味からすると、自分の気持ちを出したい、
出さざるを得ないといった状況が、まず読み取れます。

つまり、それだけ追い詰められているというか、
精神的に参ってしまわれているのでしょうね。

いまは、まだ寒いロシアです。
厳寒の冬は、否応なしに精神にまで突き刺さることでしょう。

屋内は暖かいといっても、いつもそうした環境に
身を置いているわけではないはずです。

移動の際の冷たい風は、肌をも突き通って、
心まで冷やすことでしょう。

そんな環境では何が必要でしょうか。
やはり、温かさ、人間のぬくもり、精神のつながりにほかなりません。

それです。
つまり、それが切れた、途絶えた状況に斎藤陽介 さんは、

いらっしゃるんですね。
それで、ひとり、そして孤独感を、それ自体を意識的に

否定しようとしても、
否応なしに感じざるを得ないわけです。

すべては、これでしょう。
そして、その原因が美人妻と世間でいわれている奥様との

関係なんでしょうね。
きれいで、心ときめき、そして、

いっしょになったご夫婦だったのでしょうけど、
実生活を重ねていく内に、

一般的にご自身が理解されていた「妻」とは違った奥様を
発見してこられたのでしょう。

実際、ブログでこうつぶやかれています。
「奥さんはというと、ショッピングに行くと
まあーお金は消費するし、

暇あればナイトクラブに行く。(中略)。
一晩で数十万円も使う母親は良い母親ですか??」

国が違うと、風俗習慣が異なることは、誰でも知っていますし、
理解もされています。

あるいは、理解していると思われています。
しかし、この「理解」というのは、実際は、

現実の中での動きつまり、
この場合でしたら、外国人の奥様との実生活で

「理解」が起こるわけです。
ですから、容易に分かることですが、

実生活なしの一般的な理解と「理解」は違いますね。
それで、斎藤陽介 さんは、始めてご「理解」されて、

精神的にもはやご自身の許容範囲、
つまり、自分でコントロールできる範囲から、

出た状態にいらっしゃるはずです。
ですから、もうご自身でも為す術がないのではないかと推察されます。

それは、想像に難くないですが、お仕事つまり、
たいせつなサッカーに

大きく影響を与えたはずです。
ですから、ご自身が語られたように、

サッカープレーができるエネルギーを
消失されてしまったのですね。

体力的なものを指しているのでは決してなく、
精神的なエネルギーです。

それでは、いったい今、斎藤陽介 さんには、何が必要でしょうか。
それは、エネルギーがないご本人ですから、

これ以上体力を消耗させるのは禁物です。
そして、精神的なダメージからもとの斎藤陽介 さんを

取り戻すためには
やはり、環境を変えることでしょうね。

それも、温かい環境です。
友でしょう。

分かち合える友は最高です。
斎藤陽介 さんにも、そんな方がいらっしゃるはずです。

それが、今の斎藤陽介 さんを立ち直らせる最善の方法
ではないでしょうか。

そして、その時、引退もあるいはもしかしたら離婚という文字も
消えて無くなるかもしれませんね。

多くのファンの願いは、
どこでもいいですから、

駆け巡る元気な斎藤陽介 さんを見ることです。
大きな試練を乗り越えていただきたいものです。

他の有名人の離婚?!


斎藤陽介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です