テリー伊藤のコメント批判は、正当?家族や結婚の影響がある?

テリー伊藤
スポンサードリンク

テリー伊藤 さんは、よくテレビで見かけますよね。
コメンテーター役もしばしばのようで、発言が時に物議を醸し、批判を受けることもあるようです。
そこで、いったいテリー氏のコメントは正当なるものなのか、たんなる感情的なもので、
それもご自身の問題から生じる八つ当たり的なものではないか、ちょっと考えてみましょう。
テリー伊藤
ですから、・テリー伊藤 氏のコメントで問題視されるのはどんな時か。
    内容など傾向がみられるか?
・テリー伊藤 氏は、他人をどのように捉える傾向があるのか。
・テリー伊藤 氏は、家族など個人の問題を抱えていないか。
・テリー伊藤 氏とは?

テリー伊藤 氏というと、演出家、テレビプロデューサー、
そして、タレント、評論家、著作家とさまざまな顔を

持っていらっしゃいますね。
さらに、テレビ番組制作会社『ロコモーション』の

代表取締でもあります。
ですから、どうしても目線が上からで、ご自身の見解も出るような気がしますね。
まあ、64歳という年齢からすると、ある意味当たり前のことでもありますね。
実際、ご自身の才能・実力はいかんなく

発揮されてこられたようですね。
日本テレビ『天才・たけし の元気が出るテレビ!!』など、企画では、奇抜というか大胆さが売りですね。
確かに、これは大当たりでした。

その後もテリー伊藤 流と見られる型破り的なものが
出てくるわけですね。

ですから、テリー氏の行動そして、発言・コメントにしても、
普通とは違う見方が基本になっているような気がしますね。

テリー氏のコメントで生じた問題例



「彼女は演技中の表情も衣装も、今回言ってることも全部幼い。五輪までの一年、同情で応援してもらって、そんなんでいーんですかねえ?」


これは、浅田真央 さんがソチ五輪に向け、頑張っていたころの、
テリー氏の見方です。

近いところでは、小保方さん叩きですね。
はじめは擁護派だったようですが、突然、牙を向けてきたわけですね。

「全く世間に対して謝罪がないんですよ。いきなり最初から最後まで『私は間違っていない。どういうことよ。ちょっとミスしただけじゃない』って」


と問題視です。
さらに、

「自分大好き女だってことが、ここで分かりましたよね」


と付け加えています。

他にもあるでしょうが、これから考えると、
テリー氏の発言・コメントには、当事者の置かれている状況を、正確に把握していない、
認識していないまま、行っていることでしょうか。

メディアに出ている立場から、言論の自由を持ち出すんでしょうが、
それが、なんでもいいという履き違えもOKみたいな雑さが

目につくように思われます。
ようするに、テレビを前に、なのに、軽はずみ的な言動が目立つといえるでしょう。
簡単にいうなら、ご自身が集めてきた資料・材料に基づいた分析・思考を
言葉で述べるのではなく、多くを否定的に見ているということじゃないでしょうか。

テリー氏の人に対する認識・言動にはどのような傾向があるのか。


批判対象となったコメントから考えますと、
他人に対する評価と言うか発言が、メディアという立場であるにもかかわらず、
公平性にはやや欠けているのかなという印象を受けますね。

どうして、このように相手というか他の人の立場を
推し量ることを軽んじられるのでしょうか。

年配の方がよく、最近の若いものは、、、的な手法を
そもままテリー流にアレンジされているのでしょうか。

相手が芸能人とか、テリー氏とも面識のある方、
つまり仲間同士間の批判なら、なんとなくありそうですが、
面識もない、一般市民に対してもただ痛烈なコメントがつづくのは

少しいただけないかな、と感じますね。
人間関係ですから、ご家庭などの状況から不満が

コメントに影響しているんでしょうか。

テリー氏の家庭でも同じなの?


ご結婚されているようですが、
詳しいことは明らかにされておりませんね。

しかし、『週刊文春』2013年11月7日号では、
不倫相手となる女性の存在が認められるようです。

一部に、別居中とか疑わしさもある噂もあるようですが、
ご自身のコメントとは裏腹の事実がお有りのようですね。

ですから、これは、ご家庭での不満とかじゃなくて、
そもそもテリー氏自身の言動がそのようなものと

見たほうがいいのかもしれません。

簡単にまとめますと、、、


辛口批評の御意見番であるテリー伊藤 氏ですが、
お得意の辛口が批判を受けてきたわけで、その対象が、人物に向けられるときに批判が起こるようですね。
他人に厳しいようですが、厳しいのと、否定とは少し違うような感じがしましたね。
そうしたことが、コメントなどに現れているのではないでしょうか。

ご家庭とかの関係はわかりませんでしたが、
少なくともご自身にも批判対象となる問題があるよですから、まずは、それをご自身でコメントされてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
テリー伊藤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です