ドラマ『碧の海』予想、高視聴率のキャストか?奥菜恵・徳山秀典・城恵理子・犬飼貴丈他

碧の海

昼連ドラマ・「碧の海 」が発表になりましたね。
主演に8年ぶりの連ドラ出演の奥菜恵 さんが話題になっています。

さてそれでは、奥菜恵 さん他キャストのみなさんで、
視聴率が稼げるでしょうか

キャストのみなさんを見ながら、予想してみたいですね。
碧の海

スポンサードサーチ


視聴率には、何が必要でしょうか。

1.もちろん、視聴者を引きつけるストーリーがまず第一でしょうね。
2.次に、俳優さんは、

  その役に応じた演技をうまくこなせるかにもあるでしょうね。
それが、目立つ、話題になると、視聴者の関心をさらに高め、

視聴率につながるからです。
それでは、それを追っていきましょう。

「碧の海 」のストーリーは、
視聴者が見たくなるようなものになっているか

これは、15年もつづく初恋の物語が売りです。
東京にある建設会社があります。

しかし、会社経営、そして、仕事が家庭にも入り込み、
複雑な事情を生んでいました。

社長には娘がいました。小館舞です。
しかし、彼女は悩みを抱えています。

それは、いつも一緒のお母さんが、本当のお母さんではないのです。
子供心にいつも悩んで、考えて、頭から離れませんでした。

ある日、母の居所が分かりました。本当のお母さんです。
沖縄にいると言うんですね。

急に、胸が高鳴ります。
どうしよう、、、

会いたい、、
どんなお母さんなんだろう、、

何をしているの?
どうして、、、

さまざまな思いが次から次へと自然と浮かんできます。
舞は、決心しました。

お母さんに会うんだ!!
一人、沖縄に飛んだのです。

沖縄といえども、はっきりした住所がなければ、
容易には見つかりません。

そうこうしている時、ある民宿の息子と出会います。
新垣航太です。

航太の民宿は、経営が芳しくありません。
それでか、航太は、なにかとお金には

しつこいぐらいにうるさいのです。
舞は、社長令嬢として東京で育ったせいか、

そんな航太を最初疎ましく感じました。
しかし、航太には、妹がいます。病気なんです。

そんな事情を舞がしると、航太の本心を見たような
思いがしていくのです。

やがて、二人は互いの置かれた状況を理解しあい、
心の支えとなっていきます。

恋の芽生えですね。
しかし、彼らを待っていたのは、悲痛な事実です。

青春の思い出をかき消すかのような事実を突きつけられます。
すべては、親が自分たちが犯してきた過去を、

ひた隠しにしてきたことにより、生じたものなんですね。
それが、やがて子供らに悲劇となって、現れるんです。

それが、舞・航太に襲いかかるのです。
航太の「捨てられた過去」とは、、、

舞の「忘れてはならない思い出」とは、、、
ドラマは15年間にも渡る二人の恋が展開していきます。

以上があらすじです。
このストーリーから見ると、

初恋の二人におこるさまざまな事件、
知らされる真実がドラマの展開を面白くしていきますね。

ですから、視聴者はどんどん興味をそそるような感じがしますね。
こうして見ていくと、視聴率的には、良い材料と言えるでしょう。

だれが、演じるのだろうか。

次に、このストーリーの中で、重要な位置を占めるのは、
舞・航太ですね。

それは、二人が若くして、恋に花咲く青春とは裏腹に、
暗闇の世界に突き落とされ、

親の暗い過去に入り込まなければいけない、苦悩を抱えるからです。
その苦悩と恋をどう演じるかが鍵ですね。

まさに、ドラマ「碧の海 」の命運を左右する
と言っても過言ではないでしょう。

その二人を演じるのは、
奥菜恵 ・徳山秀典 ・城恵理子 ・犬飼貴丈の4人です。

役柄は、
奥菜恵           32歳の舞(世間知らずの社長令)
徳山秀典          32歳の航太    
城恵理子 (NMB48)  17歳の舞
犬飼貴丈         17歳の航太

となっています。
この中で、さらに重要なのは、

城恵理子 さんと犬飼貴丈さんでしょうね。
それは、17歳という若い二人につきつけられる事実を

いかに受け止めるか、
その苦悩、態度、心理、、

もろもろを表現しなければいけないからです。
まず、32歳の舞役の奥菜恵 さん、32歳の航太役の徳山秀典 さんは、

それぞれまあ、奥菜恵 さんは、8年ぶりと言えども、
ドラマ、映画、舞台と広く活躍されてきています。

また、徳山秀典 さんにしても、同様です。

さて、肝心の城恵理子 さん、そして犬飼貴丈さんです。

城恵理子 さんは、女性アイドルグループNMB48のメンバーで、
ドラマ初出演ですね。
NMB48 城恵理子 (13) これまで、バラエティ番組はあったようです。
このドラマの評価・価値は、

彼女の演技に大きくかかっていると見てもいいのではないでしょうか。
17歳という時期だけかもしれませんが、

その初恋のスタートでの舞の印象が大きく
視聴者の評価を左右するからですね。

ドラマ初出演だからダメというのではありません。
彼女の女優としての才能を発揮する機会と見なければいけませんね。

それは、小館祥子役を演じる杉田かおる さんがいい例ですね。
杉田さんは、1979年から1980年に放送されたTBS『3年B組金八先生』で

妊娠する中学生を演じました。
それが、話題を集めたんですね。
杉田かおる 舞よりも、数歳は若いんです。
まあ、杉田かおる さんの場合は、子役時代というのがあって、

7歳の時にもすでに話題になりました。
しかし、ブランクが有ります。

ですから、苦悩に満ちた17歳の舞をいかに
城恵理子 さんがやってくれるかでしょうね。

そして、17歳の航太役には、犬飼貴丈さんです。
犬飼貴丈さんの情報を載せておきます。イケメンですね。
犬飼貴丈1 名前 :犬飼貴丈
身長 :174cm
体重 :52kg
出身 :徳島県
年齢 :18歳(1994年生まれ、高校3年生)
高校 :徳島県立富岡西高等学校
女性誌「ジュノン」の
「第25回ジュノン・スーパーボーイ・ コンテスト」で、
グランプリを獲得しています。

ですから、舞・航太役には二人とも、お似合いのカップルですね。
この現在の幸せそうなカップルをドラマで、

切ないカップルに変身して欲しいですね。
二人の好演技はかならずや、視聴者の胸をうち、

視聴率につながりますね。
頑張って欲しいですね。

碧の海

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です