極悪がんぼ8話 ネタバレ、井上和香がドラマを乗っとり致します

井上和香

人気ドラマ「極悪がんぼ」では、
俳優さんの地をうまく活かしたストーリー作りが

あるように思いますね。
それが高じてか、

俳優さんあっての極悪がんぼ・ドラマ編になっていますね。
ある意味、楽しい企画と言うか、

新しいドラマと見てもいいんじゃないでしょうか。
具体的に、個人的には、石井正則さんのキャラが好きなんですが、
井上和香  「極悪がんぼ」

井上和香 さんの絡みもいいものですよね。
それを知ってか、
ファンも番組編成を組み替えるほどの力を見せましたね。

そうです、井上和香 さん、再出演です。
これでは、主演ぶんどりの雰囲気作りができちゃった感がありますね。

たった2回なのに、視聴者の関心が完全に移っていますよね。
やはり、俳優さんは、まずその存在感が大切じゃないでしょうか。
どのように、ドラマが乗っ取られるんでしょうか。
そうです、色気ですね。
突然、薫の存在感が薄れていくように思いますね。

でも、ファンはそれが全然苦にならない、かえって、
ドラマをもっと楽しむ、そういう流れができる、、、

不思議なドラマと化してしましました。
それが、極悪がんぼ、第8話で起こるんですね。

視聴率アップも間違いないんじゃないですか。
そのままセミレギュラーとでもなったら、それこそ、

番組乗っ取り、乗っとりドラマになっちゃいまして、
別の意味で、新型ドラマで、売れそうに思うんですが、

いかがでしょうか。
「大安ローン」ですよ。
全然人気もないような変な会社に桃尻がいるんですから。
第8話では、倒産しちゃいます。

まあ、はじめから危ない会社ですし、
倒産当然みたいなところでしょうね。

そして、桃尻こと井上和香 さんが、待ってましたとばかりに、
わたし、ホステスになります~

キャーキャーキャー
もう、これでわたしが、ボスよ、、、ですね。

でも、後のストーリーは、ちゃんと元に戻って、
神崎薫(尾野真千子)や金子千秋(三浦友和)が調べている奴が、

そこに顔を頻繁に出すわけですよ。
なにやら、分かりますよね。

さらに、ひっそりと、やってきたというのがいるんですよね。
誰かと思えば、茸本なんですね。

あららら~、、、ですね。
もう、あとは、実際にドラマを見て、ニヤニヤしましょう、、、

井上和香

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です