後藤まりこのチケット売れ残り?原因は、タトゥー、離婚?謎多きシンガー

後藤まりこ
スポンサードリンク

歌手・後藤まりこ さんが、27日に東京・SHIBUYA-AXで
ワンマンライブ『510mariko Party@SHIBUYA-AX』を予定しています。

あと1周間なんですが、どうやら、
チケットの売れ行きが芳しくないようです。

本人も力を入れているようですが、
果たして完売することができるでしょうか。

現在、売れたのが、500枚程度で、
1700人収容可能なライブですから、

3分の1程度ですね

後藤まりこ

ロックバンドで人気を博していた頃に比べて、何が原因なのでしょうか。

すでに、人気に陰りが見えているのでしょうか。
そんな彼女のこれまでの活動などを見てみました。

現在は、俳優業もこなすようですが、後藤まりこ さんというと、
ロックバンド「ミドリ」の元ボーカルのほうが、

印象が強いように思います。
そんな彼女は、解散後は歌手活動と続ける一方、

舞台、映画、テレビドラマで
女優として、活動の幅を広めてきました。

山野上筆持(やまのうえひつじ)というお名前までお持ちなんですね。
そんな彼女ですが、歌というとやはり、ライブでのパフォーマンスが

強烈というイメージが強いでしょう。
すなわち、それが売りであったし、

それが彼女の姿だったんじゃないでしょうか。
過激な動き、発言ですかね。

たとえば、プロレスかと思わせる、行動で、
それは、裸足でステージを駆けまわったり、飛び跳ねたりで、

さらには、マイクに頭突きするというパフォーマンスです。
ですから、彼女の額が割れて、

流血というまるで女子プロレスラーですよね。
そこに、彼女の声が飛び出すわけですね。

そんなスタイルが、あるいみ新鮮で、驚きの演出に観客だけでなく、
スタッフもハラハラドキドキのライブだったりするわけです。

それを見たい、そうした彼女とふれあいたい思いで、
ファンが駆けつけていたんでしょう。

はじめは、自然の流れで出来ていたものが、回を重ねるうちに、
そうでなければいけないような

義務感みたいなのができてしまって、
彼女が自問するようになったらしいですね。

それがキッカケで、メンバーとの精神的なバランスを欠いたようで、
解散にもなり、活動を少し休む方向に進むんですね。

私生活は、謎が多くウワサが、
単なるウワサとして広まっているようでもあり、

画像からはかけ離れた、行動・発言が、
一部のファンに受け入れられてきたものの

やはり、ウワサとかもあって、ややかつての人気が散りかけているのは
否めないようですね。

彼女の潔い?決断が、たとえば、事務所を突然やめたりとかが徐々に
自身の活動にも影響が出始めたのでしょうか。

ここは、彼女らしく完売の決意を表明されていますが、
周りの力も借りるといった、

別の彼女の一面というのも必要じゃないかなと思いましたが、
でも、それはそれで、自分を貫く彼女は素晴らしですよね。

スポンサードリンク
後藤まりこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です