「バクマン。」配役逆の真相?様々な事情あり!!

バクマン
スポンサードリンク

バクマン 。の実写映画化が発表されるや、
配役が逆じゃないのか?といった疑問や、

逆にして欲しいという声が多く聞かれました。
調べたら、その真相のような事務所の事情が分かりました。

バクマン

それでは、ちょっと、配役に関して見て行きましょう。
原作のサイコーは、リアリストで寡黙な中学生です。

それは、『桐島、部活やめるってよ』で演じた神木さんに
通じるものを感じさせます。

また、現実的にシュージンは、長身で線が細いですから、
佐藤さんのほうが合っているわけですね。

神木さんは、170センチありません。
さらに、重要な点として、世間のイメージが挙げられます。

神木さんは、「神のみぞ知るセカイ」や
「バカとテストと召喚獣」が好きです。

これらは、本気でオタクなんだみたいな感じを起こさせます。
一方、佐藤さんは、広末涼子 さんとの不倫があったり、

前田敦子 さんとの関係が知られて、
若手俳優の中では、肉食系のイメージが強いですね。

こうしたことから考えると、
サイコーのプラトニック・ラブ的な態度とは、

かけ離れるわけで、佐藤さんじゃ、合わないでしょうとなるんですね。
しかし、ここにも現実的な事情があるらしいんですね。

それは、所属事務所です。
佐藤さん、神木さん、どちらもアミューズ所属です。

それで、いくつかの作品では、佐藤さんが主役なんですね。
『るろうに剣心』

『リアル~完全なる首長竜の日~』
『カノジョは嘘を愛しすぎてる』

などです。
それに対して、神木さんは、主役でなく、

まあ、キーパーソン的な役柄が多いんですね。
すると、今回のバクマン 。でも、二人の関係が、

これらに引きづられて、
サイコーが佐藤さん、シュージンが神木さんに

落ち着いたということなんでしょうね。
ですから、アミューズの顔というか、

メンツが大きく左右していると見たほうがいいですね。
後は、作品自体を見て、彼らの演技力で評価するしかないというのが、

現実的のようです。
それが、解決となるような感じですね。

スポンサードリンク
バクマン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です