道重さゆみ伝説と反論について、そして今【ホッホ】

道重さゆみ

道重さゆみ
卒業宣言となると、どうゆうわけか、懐かしのあのことが思い出される、
というのは、どなたでもありますよね。

で、道重さゆみ 伝説となると、伝説ですから、
もう過去のことなんでしょうが、

それが、ふと脳裏をよぎるんですよね。
それは、もちろん、道重さゆみ さんかも知れませんが、それ以上に、

伝説に仕立てあげたというか、周囲の方の見方、なんでしょうね。
もちろん、事実は事実なんでしょうが、ことアイドルになると、

普通のことでも、それ以上に盛り上がったり、
話が大きくなりますよね。

で、道重さゆみ 伝説となったんでしょうね。
こうなると、当時というか、騒がれた1年前は、

反論もあったようですけど、
それが、また伝説化を加速させたとも

見ていいんじゃないでしょうかね。
じゃ、卒業を控える彼女の今から、

改めて道重さゆみ 伝説を振り返ると、
どんな道重さゆみ 像が出てくるのでしょうか。

時は、デビュー当時、その彼女の様子、
素振りがとてもおしんじゃないですが、

今日の道重さゆみ とは、全然違うんですよね。
アイドルにして、というかアイドル以前の

ブラック企業並みの扱いに耐え忍んでいた様子ですね。
なんと、可憐な乙女なんでしょう。

涙、涙なくして、語れませんね。
なにやら、昭和の時代になってきますけど、

ですから、伝説にふさわしいとなったんじゃないですか。
さて、その実態とは。

簡単にかい摘むと、メンバーの多くの華やかさから、
取り残されてというか、

虐げられていたということなんですね。
白雪姫みたいな、ババーじゃないですけど、

いじめられっ子の立場ですね。
でも、それは、ワケありで、綺麗以外にちょっと、

というか才能が足りないという
評価によるみたいなんですね。

まあ、芸能界といえども、可愛い、綺麗だけではダメで、
それをもろに、くっちゃったんでしょうね。

相撲じゃないですが、付き人みたいな仕事が多く、そして、
さらに悪いことに、その相手というのが不親切極まりない傍若無人の

仕打ちばかりだったようです。
こうしたことを今の道重さゆみ さんとダブらせると、

どうですか、みなさん。
もう、あとは聞いていられない~~、、じゃないですか。

抱きしめてあげたい~、、、でしょう?
でも、今は、そんなことできませんよ、、、

ファンでもダメなですから、
しまった~、、、、、ですか?

まあ、過去の苦しさとのギャップ、そして、
それを否定するような反論の存在と

もう、バイブルじゃないですが、作られちゃうんですね。
さて、みなさん、

どうですか、そんな過去を持つ道重さゆみ さんの卒業が来るんですね。
感傷的になっちゃいませんか。

道重さゆみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です