負傷のライアン小川、二段モーションを磨け!!【激】

ライアン小川
スポンサードリンク

ライアン小川

野球界、日米において、ルールの若干の違いは否めませんよね。
そのひとつに、二段モーションというのがあります。

まあ、要は大リーグの投手と日本人の投手では、
投げ方に特徴的なちがいがあることらしいんですが、

それが、大リーグからすると、二段モーションとなって、
反則じゃないかとなるようですよ。

まあ、はっきりとじゃないみたいですけど、
指摘はこれまでもされてきました。

さて、ライアン小川 投手、日本人投手のなかでも、
間を取ると言うよりも、

どくどくの投球で、球速を生み出しているわけですから、
それは、拍手ものですよね。

柔道にしても、相撲にしても、外国人選手、外国人力士の癖というか、
組み方、取り口がことなるように、

ライアン小川 投手は、ご自分の投げに徹してほしいですよね。
だって、ライアン小川 になった、ライアン投法が、

まず、和製ライアンなんで、
ノーラン・ライアンを参考にご自分で編み出されたんですから、、

いまのライアン小川 投手はというと、泣く泣けない登録抹消と、
打球をうけての骨折で6週間は、オフ状態みたいですね。

どうするライアン小川 投手ですよね。
手が使えない、ボールが投げられない。

まあ、選手の怪我はよくあることですし、
身の処し方は、心得ていると思いますけど、、、、

ここは、逆にチャンスだと思って、
普段は、できないようなトレーニング期間にしてほしいですよね。

復帰後、目をも見張る何かみたいな、、、
つまり、ライアン小川 なら、文句のつけようがない二段モーションを

正々堂々と豪快に投げられるように磨かれたらいかがでしょうね。
まあ、ご自身はもう自覚されているでしょうけど、

ちょっと、私なりの感想でした。

スポンサードリンク
ライアン小川

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です