走れ!トーセンスターダム、皐月賞!!

トーセンスターダム

トーセンスターダム
いよいよ皐月賞が目の前です。
注目のトーセンスターダム 、ここで優勝、無敗の皐月賞馬誕生なら、

なんと、2005年のディープインパクト以来ですね。親子でなるか!!
期待は、1番、セレクトセールで、

2億5000万円もの値がつきました。
おどろきも、トーセンスターダム は、いつもの表情です。

自分は、走るのみと自信満々のようですね。
そかし、ここ3戦、2着とは同タイムなんです。

勝負を振り返ってみてください。
外から、一気に駆け抜ける強い彼の勇姿が特徴ですね。

ですから、実力が抜きんでていることがおわかりでしょう。
騎手は武豊ですから、戦術も抜群、

人馬一体の駆け引きが見られるのではないでしょうか。
それこそ、目が離せません。

しかしながら、皐月賞の予想においては、
五分五分とする見方も確かにあります。

それは、彼の経験です。
京都は知り尽くしていても、中山は知らんだろうというものです。

確かに、そうかもしれませんが、
真に実力あるものは、どこにおいても、

いい走りを見せてくれるものです。
なぜなら、京都の始めを制しているんですから。

これなら、どうですか。
納得いくでしょうね。

競馬場の特徴はあるでしょうが、最後の下り坂でも、
逆にそれを利用した勝負展開を見せてくれるかもしれませんよ。

トゥザワールド、ワンアンドオンリー、
ロサギガンティア、アジアエクスプレス、
イスラボニータ、バウンスシャッセ

らの有力馬が顔を合わせます。

ある人は、
トゥザワールド イスラボニータ トーセンスターダム の
どれかが軸予想と占っています。

ある人は、じ条件でとったトゥザワールド、
惜しくも敗れたワンアンドオンリー、

無敗のトーセンスターダム 、2歳王者アジアエクスプレス、
馬券を外したことないウインフルブルーム、

共同通信杯とって重賞2勝のイスラボニータ、
と分析しています。

まあ、外野の雑音をよそに、自分だけを信じて
皐月賞に向かって突っ走ってほしいですよね。

トーセンスターダム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です