フジテレビのドラマ「極悪がんぼ」に三浦翔平出演!

三浦翔平

三浦翔平

来週月曜日、14日からフジテレビの「極悪がんぼ」が始まります。
そのドラマに三浦翔平 さんが、

茸本和磨(たけもと・かずま)役で出演です。
ドラマのストーリーは、貧困家庭で育った神崎薫が主役で

裏社会を含めて、
さまざまの事件・困難に、彼女なりに、

奮闘解決していくと言うもので、
その痛快さが見物ようです。

その彼女の元カレ・茸本に、三浦翔平 さんが扮するわけですね。
個性豊かな現代青年で、

これまで三浦翔平 さんが演じてきた役からすると
適役といえるでしょうね。

三浦翔平 さんというと、2008年のテレビドラマ
『ごくせん 第3シリーズ』で

生徒役をこなして評価を受けていますから。
女性に対する接し方も、

この「極悪がんぼ」にも共通するところがあるでしょうね。
そして、2011年には日本アカデミー 賞新人俳優賞を受賞されています。

ですから、キャラとしては適役というか、好演技が期待されますね。

とにかく個性が売りの茸本ですから、


それをどう絡めて彼女である神崎薫に接していくかで
ドラマを面白くすると思いますよ。

バイト、バイトの生活であきることなく、
それを楽しむかのようにいろんな人とつきあうタイプなんですね。

ですから、定職につけないという引け目などが無く、
それを楽しむかのようにその日その日を送るんですね。

そんな中で、主役の神崎薫とつきあうんですね。
ご本人、武田鉄矢さん、志村けんさん、えなりかずきさん、

そして市原隼人さんの物まねが得意らしいですから、
そうしたキャラで、神崎薫の女心をもてあそぶんでしょうね。

見物ですね。

三浦翔平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です