スポンサードリンク

心地よさ

疲労感と心地よさというのは、
一体繋がるものでしょうか。

ちょっと、考えてみる価値がありそうですね。
まあ、多くの方のこれまでの経験から容易に、

いくつかの答えはすぐに出てきそうですね。
疲労を感じていても、満足感も同時に得ていると言うことでしょうね。

疲労といったら、よくないマイナスのイメージを、
それ自体はもっています。

しかし、人間の場合、それを生み出す原因、
つまり、何かの作業なり、

それは、物理的精神的何でもかまいませんが、
あるわけですね。

その原因がその人の始めの状態というか許容量に対して、
どの程度負荷を与える物かで、疲労度も違ってくるでしょう。

だから、人によって同じ疲労であっても、
生じる感じは変わります。

まったく正反対の感情を抱く人もあるわけです。
さて、こうして考えると、

広く満足感を与えるようにすることを目指すならば、
まず、疲労感を生じさせる原因に対して、

各人が持つところの許容量との関係を測った方が
いいことになるでしょう。

容易に、想像できますが、バネでも新しいバネと、
古くなったバネでは、弾力性が違います。

ですから、両者に同じような負荷を掛け続けた場合、
古いバネが先に壊れます。

このように、考えますと、
負荷でもその人が目指すというか目標としている物、

そうした方向で負荷を多く与えるのではなくて、
許容範囲において、

つまりは、達成可能が見込めるぐらいのものが功を奏すと思います。
その場合の、疲労感は、実に心地よいと

誰しもが感じることができると思いますよ。
ですから、むちゃくちゃにするのではなく、

その人が望む方向性と、
達成可能な距離感の感じられる範囲で、

疲労の原因である作業に取り組まれてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
心地よい疲労感

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です