スポンサードリンク

健康に良い自転車・・・

少なくても30分は


走りたいものです。


さて、

この自転車ですが、

目の悪人は、

どうすべきでしょうか。


要するに、

どのような格好が

ベストか?!


ってことです。

視力の弱い人

自転車に乗るのに、

視力検査なんて、

ありません。


でも、

これって、

自然と目が悪けりゃ

メガネが必要になり、

かけますよね。


そこが、今回のポイント:

自転車走行時に、

メガネ装着は、安全か!?


この命題です・・・

実は、わたしは、目が悪いです。


しかし、普段は、メガネをかけていない。

さらに、自転車でも、

メガネをかけなくなった。


まあ、メガネが壊れたってのが、

理由だったんですけど・・・


その状態で、

自転車にのるようになって、

そして、今日、


いろいろ自転車とメガネの

関係を考えることになりました。


結論:

極端に視力が弱い人は

メガネが必要だが、

私くらいなら、

ない方が安全・・・・


そして、メガネよりは、

コンタクトがいいだろう。

メガネが不必要な場合と安全性について

しらばく、眼鏡なしの自転車に

慣れていた私が、あたらしいメガネを買って、

乗り出した感じからの

検証です。


わたしの視力は、左右極端に違います。

最近は、視力検査してないけど、

左が0.01以下

右が0.2とか0.3ぐらい

だと思う。


だから、裸眼でも

ぼやけているけど、

見えるんですね。


文字も近くなら、

読める。

パソコンもOK


こうした状態で、

自転車も乗っていました。


ところが、

メガネはどうか・・・・


メガネは、よく見えるけど、

よく見える範囲が

極端に狭くなります。


これが、一番のネック!

つまり、

自転車なら、

危ない、、

危険性が増す!

と断言できます。


いつも、前ばかり見ての

運転じゃない・・・


周囲、

左右、

ちょくちょく、後方、

つまり、後ろですよね。


これです。

後ろって、

首を振って、

後方を確認するんですが、


別に、

後ろの車の車種とか、

運転者の汚い顔だとか・・・^^;

を確認するためじゃない、、、、

ですよね。


だれか、、いるか。

車が来ているか、、

ぐらいの認識です。


すると、

裸眼のほうが、

見える範囲は360度だから、

首を振る角度も

ちょっとでOK


さらに、

瞬時にわかる。


ところが

ところが、


メガネって、

よく見えるところから、

急に、メガネの視界の外にでるから、

脳の判断がおかしくなる。


さらに、首を大きくふらないと

確認できない。


それは、メガネのフレームが

邪魔して、視界を

遮るからです。


見えても、

角度があるから、

なんだか、

ぼやけているようで、

判断が鈍るんです。


これって、

とても、危ない!


だから、

安全のための確認なら

裸眼のほうがよっぽどいい。


ただ、

ただ、

これは、私のように、


目は悪くても、

ある程度、

見える、

走行できる人じゃないといけないでしょう。


ですから、

もし、

メガネが必要で、

それなしでは、

歩くにも不便っていう人は、


自転車なら、

コンタクトが

おすすめです。


メガネは、

たしかに、かけていると

ゴミが入らないし、

いいところもあるけど、

交通事故のことを考えたら、


ない方がいいなって

今日思いました。


ご参考までに!




スポンサードリンク
でとっくす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です