町田樹選手、男子SPで最高の首位発進!

町田樹


町田樹

町田樹 選手、首位発進の好調さも、冷静に自己評価です。
「フィギュアスケート世界選手権」が、さいたまSAで行われています。

男子SPでは、ソチ五輪では5位入賞の町田樹 選手が見せてくれました。
完璧な演技を披露し、トップに躍り出ました。

世界歴代の3位にあたる、高得点98・21点でした。
しかし、ご本人は、いたって冷静で大きなリアクションは

見られませんでした。
ソチ五輪の金メダリスト・羽生結弦選手を抜いての一位ですから、

興奮がないと言ったらうそになるでしょうが、
それをご本人は胸に秘めるものがおありなんでしょうね。

ご本人はおっしゃいます。
「これが自分のベストの『エデンの東』。

みなさんに届けることができて自分を誇りに思う」
その「エデンの東」ですが、

有名なスタインベックの小説「エデンの東」です。
アメリカで映画化され、

若きヒーローとなったジェームズ・ディーンが熱演し、
歴史に残る名作となりました。

さて、1910年代後半にアメリカを舞台に繰り広げられる物語ですが、
そのストーリーに出てくる、

「ティムシェル」を町田樹 選手は、テーマとされてきたんですね。
その言葉は、「エデンの東」の中で、

アダムが息子に送っているんですね。
自責の念にかられている息子に向かっていったわけですから、

「しっかりしなさいよ!どうしたの?」
というような感じでしょう。

本来は、自分の進むべき道というのは、
ほかの人が与えるものじゃなくて、

自分で切り開いていくものよ、というような意味で、
これが町田樹 選手の意欲・意思にぴったりだったんでしょうね。

それを胸に今回もリンクの上を思う存分お進みになったわけです。
それじゃ、みなさん

フリーに期待しようじゃありませんか。
「ティムシェル、町田樹 選手!」

町田樹

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です