大相撲春場所、鶴竜旋風起こるか?

鶴竜

鶴竜

大相撲春場所、いよいよ大詰めですね。
終盤に入り、12日目ぐらいまでは、両横綱の一騎打ちか

と思われていました。
ところが、13日に横綱白鵬が負けて、

それまで後ろに潜んでいた大関鶴竜 が
一気に前へ出てきましたね。

私は、競馬はよく知りませんが、テレビで見る限りでは、
最終コーナーをまわって、

怒濤のように後ろから現れる一頭の馬を想像します。
もちろん、鶴竜 を馬にたとえているわけでは、

決してなく、勝負のすごさというか
見所、流れが似ているなと感じたんですね。

そして、今日横綱白鵬との一敗同士の勝負でした。
昨日の勝負で負傷した白鵬でしたが、意地もありましたから、

互角とみていましたが、ふたを開けてみますと、
やはり、鶴竜 の闘志が何倍も上でしたね。

それにしても、あの鶴竜 ですが、表情に全然表さないというか、
出ないので何を考えているのか、

狙っているのかが分かりにくいところがある気がします。
そうした、普段の振る舞い・態度が今回は、

プラスになったんでしょうね。
ですから、今日の取り口なんかをみても、端から見る以上に、

気合い・闘志で一杯だったんですね。
これは、対戦する白鵬にも分かりにくかったんじゃないでしょうか。

これまでの対戦成績や経験からいって、
ちょっと油断とまではいかないまでも、

千秋楽を前に、ちょっと計算してたかな?って思われる節がありますよ。
ですから、鶴竜 には、実力以上の運が来てますね。

もちろん、実力もつけてます。
それは、先場所対戦した横綱白鵬が、直に肌で感じて、

鶴竜 を評価してましたかから。
ここまできたら、やるしかないですね。

優勝です。そしたら、横綱はもう当然のことでしょう。
みなさんも認めるところだと思います。

明日の勝負は、かなりの確率で予想できますが、
それは、たぶんみなさんが想像されていることときっと同じですよ。

鶴竜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です