元祖バラドル井森美幸さん、“バラドル”続行でしょうか。

井森美幸


井森美幸

バラドルと言えば、井森美幸 さん・森口博子さんが
強烈に印象が残っていますよね。

アイドルとしてのスタートよりも、
あのキャラの強さが視聴者には人間像として

定着してるんじゃないでしょうか。
当時は、そうした彼女たちを番組でみて、面白がったわけですが、

お仕事とは言え、かなり引かれた方もいらっしゃいますね。
実際の姿はどうかというと、

いまでは安定感を感じさせる存在のようです。
ところが、二の腕とかもぷるぷるしてなく、45歳にして綺麗だよねと

いわれると同時に、浮いた話もないのが現実らしい。
いまでは、私生活をネタにするようなこともないらしいのですが、

ちょっと、心配なところでもありますよね。
私が思うに、先にバラドルになられて活躍されたのは井森さんですよね。

しかし、その後を追ってきたというか、
バラドルになった森口さんもかなり強烈でしたよね。

で、つぎからつぎへと増えていったわけですね。
それが、どうも井森さん像ができあがった経緯というか、

結果なのかなと思いますね。
で、どれがほんとうの井森さんなのかと言うより、

デビュー当時のちょっと、気になる意味深の
「まだ誰のものでもありません」が、

自虐ネタとしての「まだ誰のものでもありません」となって、
人々の見方を固めてしまったんじゃないですか。

ですから、もうそこからは、井森美幸 さんがどんなお仕事されても
やはりあれがついて回るというか、

あの井森さんですからということになりますよね。
ここはひとつ、新しい領域バラドルをお作りなったように、

新たな挑戦をされてもいいかもしれませんね。
それとも、このまま”バラドル”として、

伝説への道をお進みになるのでしょうか。
みなさんは、いかが思われますか。

井森美幸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です