リリー・フランキーに熱愛の彼女?名言が評判で面白い!生い立ちは

リリー・フランキー

リリー・フランキー さんをご存知ですか。タレントです。

今回は、そのリリー・フランキー さんについて調べてみようと思います。

1.リリー・フランキー さんに熱愛の彼女?

2.リリー・フランキー さんの名言が評判で面白い!

3.リリー・フランキー さんの生い立ちは?

それでは、さっそく参りましょう。

まずは、基本情報です。

【プロフィール】
リリー・フランキー (Lily Franky)
本名:中川 雅也(なかがわ まさや)
1963年11月4日生まれ
福岡県北九州市小倉出身
武蔵野美術大学卒業

マルチタレント、イラストレーター、ライター、エッセイスト、
小説家、絵本作家、アートディレクター、デザイナー、
ミュージシャン、作詞家、作曲家、構成作家、演出家、
ラジオナビゲーター、フォトグラファー、俳優など
所属:ガンパウダー有限会社

スポンサードサーチ


リリー・フランキーさんに熱愛の彼女?


マルチタレント、多才なリリー・フランキー さんは、
まだ独り身なんですね。

そんなリリー・フランキー さんの熱愛歴を
見てみましょう。

彼女


マルチというだけあってか、
人付き合いもおおいんでしょうね。

それで、もちろん女性との出会いもあり、
お付き合いも始まるわけですよね。

時は、2012年。
20歳以上若い女優さんとの姿が見られるようになりました。

お相手は女優の長澤まさみさんです。
舞台でご一緒です。

ま、仕事がらのことで、毎晩のように繰り出しては
夜のひとときを楽しまれたようですね。

こうしたことが、彼女か?という噂に
なっていくわけです。

しかし、お付き合いはお付き合いでも、
果たして恋愛関係でのお付き合いかは、

少々疑問のあるところのようです。
宮古島への旅行にしても、、

二人は、お互いに安心?みたいな
心持ちのようにわたしは感じましたね。

一目はばかることない、、、
それは、感情的に楽、、、

隠すような愛は無い?、、、みたいなところですね。
ですから、それ以前にも名前だけが

でたようなタレントの加藤紀子さん
同じくタレントの安めぐみさんにしても

似たような関係だったとしても
まったくへんではありませんね。

とにかく人付き合いがうまい、上手なことは
言えるんじゃないでしょうか。

本命はいないのか?

その後も新しいお相手が現れました。

そして、気になる人というのが、柴崎コウさん、、

リリー・フランキー  柴咲コウ
どうしてか?
リリー・フランキー さんにしては、

同じにしても、それが、
お相手がこれまでと違っていたとしたら、

感情は動くんじゃないでしょうか。
つまり、親密になり

それが、離れられない、、
なくてはならない存在となるからですね。

もし、そうなったら、、、
みなさんの想像される、、結婚とかも

現実性を帯びてきますよね。
それで、柴咲コウ さんはというと、、

彼女も18歳年下で、、、ここまでは同じ
そして、彼女にしても、、男性遍歴はあるわけで、、

それが、ここで、、年配の方へシフトしたんですね。
新しい環境、、心境、、それは、

本人でさえも気づいていない予期せぬことが
起こることってありますよね。

それが、リリー・フランキー さんだとしたら、、
いかがですか、

これが、かもんが占うところの、
お二人の心の内です。^^;

リリー・フランキーさんの名言が評判で面白い!


いろんな才能それは、名言となって
世に現れますよね。

そして、それがリリー・フランキー さんらしくて、
かなり、、面白いと!

「人にコテンパンに見られる」っていう経験は大事だよ。
細かいことを考えて悩むことがいかに無意味かっていうことは、多くの音楽が表現してるよ。

無職の人は無職を楽しむようにすればいいよ。その経験があとで活きてくるから。
「面白い」って思われることは、「不快」だって思われることもあるっていうことだよ


まだまだ、、たくさんありますが、、
これだけでも、、、このかもんにしても、、

オーなるほど~、、と感心そして、感謝したくなりますね。
やはり、年はとるものですね。^^;

リリー・フランキーさんの生い立ちは?


さてさて、このような天才肌リリー・フランキー さんは
いかに生まれたのか!

出身は、福岡県の北九州市小倉ですね。
大学前までは、九州ですね。

それでも、高校は大分で一人暮らしでの学業ですから、
この時期からいろいろ考える、そして

自分で行動する態度ができたんじゃないでしょうか。
それが、東京での大学時代ですね。

武蔵野美術大学を5年かけます。
一旦身についたスタイルは、分野を問わず

能力が発揮されるんでしょうね。
ですから、リリー・フランキー さんは、

雑誌での仕事から、、音楽関係に移っても
すべては、自分の範疇なんでしょう。

そして、お母さんとのことを記した
本『東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~』を

世に送り出したわけです。
ベストセラーです。

すでに、自分で見極め、
うまくすすめられる術を身につけていますよね。

さすがとしか言いようがないですね。
リリー・フランキー さんには、これからも

新しい分野?でも活躍していっていただきたいですね。

他の有名人の熱愛がうふふ!


リリー・フランキー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です