生瀬勝久は人気俳優?性格は?ドラマmozuは?嫁と子供情報も!

生瀬勝久
スポンサードリンク

いろいろテレビなどで、見かける生瀬勝久 さんについて、調べてみました。

「生瀬勝久 」
まずは、基本情報です。

【プロフィール】
生瀬 勝久(なませ かつひさ)
1960年10月13日生まれ
兵庫県西宮市塩瀬町出身
同志社大学文学部卒

俳優 リコモーション所属
妻はモデルの堀本陽子 

生瀬勝久は人気の俳優?ドラマmozuではどのような役柄?


生瀬勝久 さんは、学生のころから、芸能活動をされてきたようです。

当時は、槍魔栗 三助(やりまくり さんすけ)という芸名をもちのようです。


卒業後は、そのまま演劇界に入り、

すぐにコメディアンとしての才能が認められたようで、人気だったみたいです。


ですから、どちらかと言うと、お笑い系に近いのでしょうか。

ご自分で磨かれた芸は、個性的で、役柄としては、脇役が多いようですね。


活動はドンドン幅が広がっていき、映画にも、もちろんテレビですね、

さらに、ラジオや舞台でも演技を披露されてきています。


そんな生瀬勝久 さんは、人気ドラマ『MOZU Season1 ~百舌 の叫ぶ夜~』

に出演されていますね。


シリアスなmozuのストーリーに、生瀬勝久 さんのコメディチックな演技は合うのでしょうか。

役柄は、公安部部長の警視監、室井玄を演じています。


主役の倉木の上司として、妻をなくした彼を気遣うも、

倉木の独自の捜査のやり方にやや手を焼くといったところですね。


眼鏡をかけた真顔で、思いやる生瀬勝久 さんは、

上司の風格が良く出ていますよね。


爆弾事件の黒幕としての立場にあり、それを密かに隠し続けて、ストーリーは展開していくんですね。

そんな生瀬勝久 さんは、見ものですね。


ですから、ドラマmozuでも、生瀬勝久 さんらしく、脇役として好演されていますね。

実は、この室井、まあ生瀬勝久 さんなんですが、主役の倉木の妻とは、不倫の関係だったんですね。


こうしたことからも、ドラマを面白くしているんですね。

主役の神経をも揺さぶる重要な脇役なんですね。

生瀬勝久の性格は?嫁とか子供もいる?


ドラマや舞台などでは、コメディチックだったりとか、

真剣に警視監をやったりと演技はさまざまですが、


いったい生瀬勝久 さんは、どのような人物なのでしょう。

まず、この芸の世界に身を投じることになったのは、


ご自身の強い希望があったようで、意思が固い方ですね。

教授の助言をけって、飛び込んだようですから。


そんな生瀬勝久 さんですから、人一倍、

負けられないという気持ちが強いんじゃないでしょうか。


ですから、個性派といわれるように、自分というものを大切にして、

芸にも表現されているようですね。


そんな、生瀬勝久 さんには、ご家庭があります。

奥様は、モデルの堀本陽子さんですね。お美しい方ですよ。

生瀬勝久   の嫁
奥様が、生瀬勝久 さんのファンだったようで、

お芝居にもよく足を運んだようですね。それが縁なんでしょうか。


役者冥利でしょうかね。羨ましい限りです。

そんなお二人は、1997年にご結婚されます。

そして、二人のお子様がいらっしゃるようですね。


それ以上の情報は見当たらないですね。

家庭円満のご様子ですね。


生瀬勝久 さんには、これからも、

楽しい演技を見せていただきたいですね。


スポンサードリンク
生瀬勝久

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です