江口洋介はドラマ向きかCM向きか!自慢の髪型は結婚後も人気か?

江口洋介

江口洋介 さんは、これまで人気ドラマなど数々の作品に出演されましたね。

CMにもでて、独特の顔を見せました。
長髪がトレードマークだった初期の頃から、

現在に至るまで江口洋介 さんについて調べてみました。

rapture_20140610102416
まずは、基本情報です。

【プロフィール】
江口 洋介(えぐち ようすけ)
1967年12月31日
東京都北区出身

俳優、歌手
パパドゥ所属

スポンサードサーチ


江口洋介さんのこれまでの出演ドラマはどんな役柄?CMの方がいい?


江口洋介 さんというと、デビュー作品となる映画『湘南爆走族』から、
ちょっと独特の雰囲気をもつ男性役というのが多いような気がします。

それは、強いが強さを表にはあまりださないクールな男。
それでいて、自分にというより他の人のためにする、

あるいは引き立てるというような脇役ですね。
それは、『東京ラブストーリー』の三上健一役ですね。

永尾完治の友達で、三上のほうが東京慣れしていて、落ち着いている。
だけど、永尾のためになっている三上ですよね。

『101回目のプロポーズ』では、星野純平役ですよね。
これも主人公達郎の弟役だけど、

弟のほうがどういうわけか上みたいなところの位置づけですね。
そして、兄のために一生懸命になるんですね。

ですから、自分の思いとは別に、自然に立ち位置が決まっていて、
他の人のためになる、あるいは力になってあげるという、

ときにクールに、ときにコミカルに演じるんですね。
それ以降、演技の幅も広くなるようですが、

医師役そして社会派としてのイメージを強めていきますよね。
でも、幅を広げたにしてもやはり、

彼の立ち位置は同じであったほうがいいような感じがしますよね。
つまり、主役にしても、まったく一人で主役としての演技に

集中するよりも、
彼の存在は色濃く出るけれども、

他の人の力になっているというスタンスが合っている気がしますね。
どうでしょうか。

そんな以前の江口洋介 さんのイメージで、
社会派的な作品にCMがありますね。

いろいろありますが、

キリン缶コーヒー『FIRE』CM

父さんはホームランを打たない。

ゴールネットも揺らさない。

でも仕事にはバントをする人が必要だ。

パスを出す人が必要だ。

父さんは見えない仕事に誇りを感じている。


これは、その人、つまりお父さんの存在って大きんですよね。
そんな姿、役柄が似合うのが江口洋介 さんのような気がしましたね。

つまり、ドラマにしても、CMにしても自分のクールな存在が
他の力になるような役柄がいいように思いました。

江口洋介 さん自慢の髪型は結婚後も人気か?


江口洋介 さんというと、独特の髪型が印象的でしたよね。
^p

rapture_20140610100610
rapture_20140610100638
これが、よく似合っていましたね。
しかし、だんだん短くなってきましたね。

ご結婚されたのが1999年で、
その後の役柄が医療ドラマとか社会派になっていくのにつれて、

お姿も変わってきましたよね。
これはどうでしょうか。

rapture_20140610100959
やはり、決まっていますよね。
トレードマークの長髪は、消えちゃいましたが、

これもいいんじゃないでしょうか。

江口洋介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です