森光子さんが長寿だった訳を考えてみた!

森光子
スポンサードリンク

森光子さんと言うと、

言わずもがな・・・の


国民的大女優でしたね。

晩年は、放浪記が

代表の印象ですが、


ふと、私は、

森光子さんの長生きの

秘訣・・・


それについて

考えてみました。


まあ、これも

無理して、ひねって

調べて、

考えたわけではなく、


自然と、森さんのあることが

気になっていて、

わたしの健康志向から、


いろいろ

結びつけて

考える癖からなんですね。

森光子 さんの身体は頑丈だったか、健康志向派だったのか?! 

これは、詳しく調べて・・・

というような情報ではありません。


まあ、わたしの

勝手な推測と思っていただきたい。


92歳ですから、

長生き、長寿ですよね。

日本人の平均寿命が、

世界的にも1位ですから、


多くの方は、長寿でしょう。

しかし、

90歳以上となると、

やはり、スゴイ!ねって、

だれもが、思うんじゃないでしょうか。


それで、

森光子さんが

どうして、

そこまで^^;、、

長生き出来たのか!


つまり、

健康でいられたのか!

ですよね。


長らく、寝たきりで、

90歳じゃなかったわけですし、

ましてや、あの

放浪記ですから、


健康だった、、と

言っていいでしょう。

もちろん、

伝え聞くには、


周囲は、いろいろと

心配も、

準備もしていたようですが、

当の本人は、

元気だったわけですね。


それでは、

素質として、

強い体の持ち主だったんでしょうか。


まあ、これはあるでしょうね。

でも、

それは、強いからだといっても、

ご自身の

努力があってのことだと


私は見ています。

それが、森光子さんの

健康志向からのものだったかは、

判断できませんが、


いずれにしても、

常に、鍛えていた!

これは、事実ですよね。


もちろん、

高齢ですから、

激しい運動とか、

無理なものではないでしょうけど、


歳に見合う以上の

身体のケアをされていたことは、


とても、

素晴らしいことだと思います。

トレーニングを取り入れた生活習慣は人間を強くする

有名なのは、スクワットです。

まあ、

といっても、

見た目には、

単なる屈伸にしか

見えなかったのかもしれません。


それは

それは、

私達は、

スクワット・・・

というものをだいたい

その様子を思い浮かべることが

できるからです。


ところが、

高齢の方が

する運動というのは、

普通以上に、

見た目の運動、、、

簡単に言うと、

動きですよね。


手でも、腕、

脚、足、腰・・・

これらの動きが

とても、

からだにいい影響・・・


普通に言われる

運動の効果として

現れているって、

わたしは、思うし、

感じてもいます。


だいぶ、以前は、

鼻で笑っていたような

自分でしたが、

見方を新たにしたものです。


さて、

それでは、一連の運動、

準備運動、

トレーニングが

森光子さんの身体を強くし、

健康的にしたんでしょうか。


もちろん、

それはあるでしょうね。

気持ちも元気でいられますしね。


しかし、

しかし、

わたしは、ちょっと別のところに

目を向けて捉えています。


もちろん、

身体が動けるようにと

常日頃の森さんの

トレーニングは、

素晴らしいでしょう。


しかし、それに加えて、

わたしが注目したのは、

森光子さんの

「でんぐり返り」

です。


まあ、

これは、トレーニングというより、

放浪記の中での

ワンシーンなんでしょうね。


結果として、

それが、わたしは、

森光子さんの身体を

予想以上に、

若くしてきた・・・

と見ています。

でんぐり返りの効果とは

だれしも老いると、

バランスが悪くなります。


単なる平衡感覚のみでなく、

精神的なもの・・・

といろいろあります。


つまり、長い人生の

自分の拠り所としてきた

基準・・・

生活習慣もそうでしょう。


そうしたことが

弱くなり、

つまり、対応できなくなる

自分が

肉体的にも目に見え、

それが、精神的な後退にも

つながってきます。


ところが、

でんぐり返り・・・

というのは、

違います。


何が違うのかというと、

まず、

動きが

日常の

普段の動きじゃない!


つまり、

2足歩行、、、

疲れたら横になる

動きからすると、

まったく、

なくてもいい動き、、


邪魔な動きかもしれません。


ところが、

そうした

動きができるというのは、

普段の動き(精神的な基準も含め)

のみに、頼っていると、


どこかしらに

疲れがでてきます。


筋肉疲労などでしょうか。

それを解消・・・

してくれるのにも


こうした運動は、

よく取り入れられています。


逆立ち、ストレッチ、

ヨガ、、、

いろいろあります。


これって、

普段は全然使わないところの

余分(?)な身体の部位を

活性化してくれるんですね。


それで、

でんぐり返り・・なら

身体の部位だけじゃなく、


神経系統・・・

これも、

一気に活性化してくれます。


最近、わたしは背骨を中心に

我流のストレッチにはまっています。


やはり、デトックスにしても、

栄養とか、運動、、

まあ、自転車、ジョギングでも

それぞれ、素晴らしい

効果を感じてますが、


やはり、身体の内部の道が

やはり、スムーズじゃないと、

効果も弱くなるんじゃないかって

思っているんですね。


その代表格が背骨です。

高齢の方では、なおさらでしょう。


多くの一般的なみかたですと、

歳だからって、

もう救いがたい、必然の結果みたいに


悪くなるのを享受しています。


しかし、

しかし、


最近のわたしは、

この背骨にしても

60歳からジョギング始めて

健康な人がいるように、


いつからでも、

やはり、

背骨にしても

矯正?はできるってことです。


それって、

歳とったら、

効果は若い時より

大きいんじゃないでしょうか。


それで、

話をもどすと、

でんぐり返りは、

まさに、

背骨を刺激するものです。


神経を刺激し、

活性化させてくれていたでしょう。


だから、


だから、


森光子さんは、

長らく、健康を維持できたんじゃないのか!


って、思ったんですね。


たんなる、わたしの

勝手な推測なんですけど、


最近の私の取り組み、

トレーニングの実感からして、


どうしても

そのように、

理由づけしたくなったわけです。


ご参考まで!

スポンサードリンク
森光子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です