ケツメイシ の移籍理由は?バラードに特別な意味!その他エピソード

ケツメイシ

ケツメイシ の名前の由来が

偶然であったにせよ、

このでとっくすと

何か縁を感じさせてくれます。


彼らの曲には、なんとも言えない

惹きつけられるものがありますね。

それが、魅力で多くのファンがいます。

そんなケツメイシを調べてみました。

ケツメイシ

スポンサードサーチ


ケツメイシ の移籍理由はなに?


ケツメイシ は、2012年にレコードレーベルが変わりました。

それまでのトイズファクトリーからa

vex traxですね。


所属は、テレビ朝日ミュージックでそのままのようです。

音楽家には、所属事務所と、レコード会社が大切ですよね。


やはり、レコード会社として大きいほうが、

有名な方が何かと便宜を得るにも、


曲とかの売り出しや、CMとか

プロモーションに関しても


実力あり、実績有りで有利になることはありますね。

ですから、それが、理由で移籍したということは、


十分考えられますし、妥当じゃないでしょうか。


しかし、それをケツメイシ が、彼らが率先して

動き出したということじゃないみたいですね。

ケツメイシ は、これまでに25枚のシングル、

7枚のアルバムをリリースしており

「夏の思い出」「さくら」などの代表曲を持ち、

アルバムは累計700万枚を超えるセールスを誇る

人気ヒップホップグループ。


メンバーは移籍について

「どこにいっても、たとえ部屋が変わっても…

自分たちの相撲をとるだけです!」

と独特の表現を使い心境を語っている。 (引用:Yahoo!ニュース)

移籍後の曲が変わったという意見も見られますから、

そして、いい調子という評価もみられますね。


良かったんじゃないでしょうか。

ケツメイシ の曲『バラード』に特別な意味!


ケツメイシ
ケツメイシ

ケツメイシ
『バラード』 なんだか、

文字にするのも、言葉にもならないような、切ない気分になっちゃいますね。

聴く・見る方のほとんどが感じる、男女関係の切なさですよね。


不倫で、それが込められている、、と言うものですね。


一部には、不倫ならホントはどろどろの関係というか、

そんなに美しいものじゃないから、おかしいといった意見もあります。


人それぞれでしょうが、いずれにしても

男と女の関わりがそれぞれに心の葛藤、振動、不安、、


といったものを生み出し、それに傷つくということじゃないでしょうか。

それを歌とともに表現しているような気がしましたが、、、


いかがでしょうか、みなさん。

一番の効果は、聴く人の心の扉の奥にある


そのひとの気持ちを代弁してくれていることじゃないでしょうか。

ケツメイシ のエピソード紹介


それは、Ryoさんの結婚話です。

Ryoさんが奥さんの実家に結婚の許しを得ようと訪問します。


ところが、お父さんが認めてくれませんでした。

理由は、ミュージシャンです。


やはり、安定感にかけるんでしょうかね。


さて、どうする、Ryoさん!

Ryoさんは、本気でケツメイシ 脱退を考えますね。

男だ!

ケツメイシ  ryo
驚いたのは他のメンバー

さっそく、全員顔を揃えて、奥さんの実家に駆けつけます。


「お父さん、お願いします。お願いします」

何度も、

何度も、

お願いしたんでしょうね。


みんなの誠意と熱意がお父さんの気持ちを動かしたようで、

二人は晴れて結婚できました。


メデタシメデタシ!!


ケツメイシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です