でとっくす
こんにちは~

でとっくすです。

ブログの記事を書くのにいろいろとたいへんな作業がありますよね!

一番はキーワードを見つけることでしょうか。


  • 仮に見つけたとしてもそれでいい記事が書けるか?

  • ライバルのサイトより検索順位を上げることができるか?


  • こんな不安があるでしょう。

    よく、まあ書いてみないとわからいから!って言われます。


    しかし事前にライバルチェック(競合調査)を多くのアフィリエイト指導者はいいます。

    そのやり方もちょっといろいろですよね!


    そこで今回わたしが作成した良質記事製造マシーンのライバルチェックシートをご紹介します。

    スポンサードサーチ


    サイト記事のライバルチェック/競合調査はどうしてる?


    ⇒ え?知らない?ブログを簡単に1000文字書くコツ|稼ぐ鉄則

    わたしはブログ記事の簡単な書き方を説明しました。

    これなら本当にすぐ1000文字書けるんです。


    でも内容は?

    いくら一般的に良いとされる文字数の記事が書けたところで問題は内容です。

    キーワードの見つけ方・コツもありますから、そこそこ行けると思っています。


    しかし、内容がもっとシビア、重要な記事では書く前に他のブログとの比較が欠かせません。

    それは、いくら1,000文字の記事を書いたところでライバルがひしめくキーワードの内容だったらまず初心者はアウト!


    負けますよね。

    何回書いてもコレですから、だんだん書きたくなります。


    ですから、しっかりとライバルチェックをして、少なくとも隙間を狙って書き出したいものです。

    以前のライバルチェック

    以前と言うか、いまもアフィリエイト指導者あるいは教材で多く見られるのはタイトルとキーワードの入れ具合。

    簡単に言うと、検索ページの1位から10位までの記事タイトルのチェックです。


    各タイトルに打ち込んだ(狙っている)キーワードがどの程度入っているか?を調べるんですね。

    3語の複合キーワードだったとしたら、そのキーワードがタイトルに全部入っているものが多ければライバルが多い、強いと考えます。


    これは、アフィリエイターも同じくキーワードを使って記事を書いているわけですから、必然タイトルにキーワードを入れるわけです。

    これでは初心者が後から同じキーワードで記事を書いたところで、上位に食い込むのは難しいわけです。


    もしキーワードが入ったタイトルが少なければ、上位の記事というのはアフィリエイターのサイトが少ないんでチャンスと判断します。

    次に、サイトがドメインのものか、無料ブログかもチェックします。


    無料ブログよりもドメインのサイトのほうが強いのでこればかりだとやはり難しいと思います。

    まあ、だいたいこんな感じで記事を書く前に、書いても大丈夫かの大まかな判断にしてきました。


    コレ以外にも細かなのはあるんですけど、ざっとわたしはこれを目安に記事を書き始めるんですね。

    内容重視のライバルチェック/競合調査をするとより質が良い記事が書ける!

    キーワードはいまもとても重要なんです。

    でも時代はそれに記事の内容・情報量が問われています。


    たんに多いだけではダメ!

    キーワードに合った、つまりユーザーが探し求めている情報なり回答がされているかが重要なカギです。


    そのためには、以前のライバルチェックだけでは不十分なんです。

    まあまえもサイトの中身を見てしっかり書いてあるか?を確認することは言われてきました。


    でも、どのように?How?に対する答えが曖昧でしたね。

    それを最近グサって刺さるような記事・コンテンツにわたしは出くわしました。


    それが記事それも良質なものへと方向転換できるきっかけでした。

    アフィリエイトはいろんな手法があって、それぞれいいところありデメリットもあるんです。


    ですから、良質なものだけがすべてじゃなく、まだまだいいかげんな記事・サイト・ブログはネット上にあふれています。

    過去の残骸ばかりなく、いまでも有効なアフィリエイト手法として生き続けています。


    実際、わたしは数記事のペラサイトに入るサイトの量産をずいぶんとしてきました。

    ライバルチェックもいいかげん(汗)


    でもこれでも稼げるんですね。

    ところが、もっとライバルが多いジャンルや記事数が多いようなブログではそれなりにライバルチェックが不可欠です。


    良質記事のためのライバルチェックとは?

    ライバルサイトの内容をチェックとはよく言われることです。

    でも具体性に乏しく消化不良でずっと来ていました。


    だから、記事数の多いブログとかは、トレンドブログ以外はしたことがなかったんですね。

    ところが、ところが、・・・・


    賢威7を購入

    ワードプレスでやろうと本腰を入れ、有名な賢威7を買いました。

    それまでは、ちょっと高くて控えていました。


    やはり2万円超えると考えますよねぇ~

    で、買ってびっくり!


    賢威7は素晴らしいと思います。

    それ以上に、特典の「賢威コンテンツ制作マニュアル」がすごい!


    これって、本当アフィリエイト教材かと思ったぐらいです。

    とても詳しく親切に、本当のアフィリエイトサイトを例に出しながら解説してあるんです。


    その中に、ライバルチェックがありました。

    今のGoogleは、検索ユーザーの利便性が高いと判断したコンテンツを上位表示させるとお伝えしました。
    であれば、 今実際に上位表示しているコンテンツを分析することがなによりの近道なのです。
    上位表示したいキーワードで実際に検索し、 1位から10位までに表示されているページにどんな情報が書かれてい
    るかをまとめていきます。
    その作業をおこなうだけでも、上位表示につながるコンテンツのアイデアは見えてくるのです。


    ざっくりまとめるとこんな感じ。

    賢威7のコンテンツ制作では?
    • ライバルチェックとは言っていない!
    • 検索ユーザーの利便性が高いコンテンツ制作には上位表示のサイト分析が重要
    • サイト1位から10位の書かれている情報をまとめる

    それで実際に分析例を表にしたものが載っているんです。


    ブログマーケッターのJUNICHIさんのやり方


    参照:検索上位に入るコンテンツを量産するために必要な「真実の競合調査」4つの手順

    ブログマーケッターのJUNICHIさんも同じような流れでブログ作成を進めています。

    作業工程はもっとシンプルにまとめてあって、わたしからすると初心者にはよりわかりやすいと思いましたね。


    競合調査の作業手順
    1. 検索上位1位から5位までのコンテンツ情報を箇条書きにメモする
    2. これをもとに検索ユーザーに提供すべき情報を5個から10個ぐらい書き出す
    3. 検索ユーザーに提供すべき情報の順番として、書き出したものを並べ替える

    初心者がよりわかりやすくより作業しやすくするために!

    ワードプレステーマ「賢威7」のコンテンツ制作マニュアルもブログマーケッターのJUNICHIさんの「真実の競合調査」もとても役に立ちます。

    これらをもとにさらにわたしは、特に初心者がライバルチェックをしやすくすることを考えました。


    まあ、わたし自身のためでもあるんですね。

    やはり大切な部分ですから、しっかりそして効率よく!がいいわけです。


    ポイント
    • 賢威7のコンテンツ制作マニュアルは大切だけど、作業がとても大変!
    • ブログマーケッターのJUNICHIさんの「真実の競合調査」はいいけど、さらに具体性があるといい。

    そうなんです。

    実際わたしは賢威7のコンテンツ制作マニュアル通りにやっていますけど・・・・

    大変!


    検索順位1位から10位のサイト内容を見るだけでも大変です。

    さらにその内容を詳細にまとめるのも時間がかかって骨が折れる仕事です。


    まあ、インプット8割、アウトプット2割と言うのはわかりますけど、かなりしんどい作業なんですね。


    一方、ブログマーケッターのJUNICHIさんの「真実の競合調査」はグ~ンと簡略されていてとても理解しやすい!

    おまけに作業手順もシンプル!だって、検索順位も1位から5位までで、半分になってますね^^


    わたしは、ブログマーケッターのJUNICHIさんの「真実の競合調査」は記事作成の流れもできることから、これをまとめてみました。


    それがこちらのエクセルシートです。


    ライバルチェック
    特徴/メリット
    1. エクセルシート1枚で書き出した情報が見えるのでわかりやすい
    2. 左側にJUNICHIさんの「真実の競合調査」があって手順確認しながら作業ができる
    3. エクセルだから、保存管理が簡単

    別に、私じゃなくてもエクセルをお使いの方ならできることなんです。

    しかし、はじめから見本や雛形があると、もっとやりやすいですよね。


    気分的にもぜんぜん違うと思います。

    実際、わたしはこれを作ってから、記事書きに対する抵抗感というか重苦しい感情が和らぎましたからね。


    わりと楽しく記事作成ができています。

    では、ライバルチェックの手順をまとめますね。

    わたし流ライバルチェック


    ステップ1

    ブラウザーのGoogleChromeやFirefoxなどで狙う検索キーワードを打ち込む。


    ステップ2

    1ページめの検索順位1位から5位のサイトをそれぞれ別タブで開く。


    ステップ3

    エクセルシートを開いて、1位のサイトに何が書いてあるかを簡単にシートに書き出す。

    簡単なのはざっと目を通して、サイトの目次をコピーするのもOK


    これをサイト5位まで続けて書き出します。


    ステップ4

    ステップ3の書き出した内容を見ながら検索ユーザーに伝えるべき内容を簡単に書き出します。

    これって、1位から5位までのサイト内容に共通するところが多くなると思います。


    さらに、自分ならもっと書き加えたほうがいい内容があるといいですね。

    書かないほうがいい内容も見えてきますよ!


    見出しの付け方などもわかった来ます。

    キーワードを見出しとかにゴリ押ししているサイトは順位が低いとか・・・・


    ステップ5

    これから書こうとする自分の記事ではどの順番がいいかをシートを見ながら考える。

    そして順番を並び替える


    まとめ

    ちょっとした変化、手を加えただけなんですね。

    しかしこれで大きく作業の流れややりやすさが変わることもあります。


    これまでのライバルチェックしかしてこなかった方、そのやり方だけを教わっているアフィリエイターさんには役に立つと思います。

    ご自分で作成されていもいいですが、わたしが作ったものをプレゼントしますね!


    どうぞブログ/サイト記事作成に使ってみてください。

    いっしょに、頑張りましょう!



    [wpdm_package id=’31687′]

    他のアフィリお役立ち記事!


    ライバルチェック

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です