背骨の大切さがわかりました。

スポンサードリンク

背骨って、背骨自体が痛くなることって、あまりないと思います。

まあ、ぶつけたりしたしたら、わかりませんけど、

背骨というよりも、周辺が痛むケースが多いと思います。


だから、腰にしても、背骨の脇とか、

肩も背中の肩甲骨のあたりとか、

それも、実際は、内臓からくる疾患の症状だったりします。


最初は、わたしもわかりませんでしたね。

痛ければ、そこが悪いんだって、そういう認識です。

これって、当たり前じゃないですか。


足怪我して、手を抑えるバカいないですよね。

でも、内臓の場合、話が別のようです。

だから、胃が痛いからって、胃痛かと思ったら、


別だったってことです。

だから、ガンとかもそうなのかもしれませんね。

それで、背骨ですけど、屋体骨ですよね


大黒柱というか、これがないと、体は

ちゃんとしていられない。

そして、大事な栄養とか神経もある。


それで、ケアですけど。

ストレッチで疲れを取る。

取れるんですね。


やって、うまく感じられると、

気持ちがいいです。

やりながら、体が反応してくれます。


ですから、今日はこことか、

こっちの方法とか、日によって違います。

それをやることによって、コリだの


疲れを癒やしてくれるんですね。

実践です。

やらないことには始まらない。


だから、考えも大事だけど、

なんでも、まずはやってみることが大事なんですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です