書くことの意義は書き続けることで生まれる

スポンサードリンク

最近は、こんな感じが私の中に生じてきています。

なんか、いつもいい加減な掴みどころがない、

つぶやきなんですけど、


ふと考えると、充実感があるんですね。

内容ないのに、なんのためとか、なにを表現したいのって、

読む気もない読者は、そう感じるでしょうね。


はっきり、わたし自身も答えられない。

だから、答えがないんでしょうね。

それでも、書いているんだけど、


自然と、書いていく内に、その答えが

でてくるって、そんな気持ちなんですね。

だから、いまは、気持ちが湧いてきているだけだけど、


悪くはないでしょうね。

具体化はされないけど、前向きじゃないですか。

書くための継続ってのもあっていいと思いますね。


別に、最初からゴールが決まっている、本とか、

雑誌じゃなくて、文字だけがずらずら並んでいる。

でも、一応は、日本語として、読める形にはなっているんですね。


あとは、言いたいこととか、主張がない。

言いたいことがなければ、書いちゃいけないかって言うと、

そんな決まりはないし、


書くことって、別に悪くないし、多くは

推奨されてますよね。

それで、わたしも、本なんかも読み始めているわけで、


なにかがつながってきそうな感じ・予感があるんですね。

そしたら、いままでやってきたことが、

急に、意味を持つわけです。


だから、計算せれたものじゃないってことですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です