数日前から寝る前の体の調子がぜんぜん違う

スポンサードリンク

普段と何ら変わりない生活を送っているけど、ちょっとずつ

変わるところが出てきたりもする。


そうしたことが、生活感覚に影響がでる。

まあ、夜はまだまだ暑いけど、それなりに眠れる。


蚊取り線香たいているから、蚊は出ない。

でも、これは前も一緒。


それで、一日重労働したりってこともなく、

疲れた時は、休みっていう流れで、仕事をこなしているが、


寝る30分ぐらい前になると、もうぜんぜんやる気がでないというか、

体がだるくなって、もう寝なきゃっていう気持ちになる。


それで、寝ると、そんなに眠いわけでもないと思うが、

以前より、すぅって、眠れている。


まあ、いいことなのかもしれないが、

ちょっと気になって、なぜかなって、考えると、


思い当たることがある。

それは、ハッカ油だ。


体に塗ると気持ちいいことがわかって、

日中に特に、暑いって感じた時に、塗る。


だいたい、上半身はだかで、扇風機の風邪で、

涼しさをもらう。


それで、シャワーを浴びるんだけど、それからが、

ちょっと経つと、急に体が重くなり、眠くなる。


不思議だ。決まって、こんな感じになる。

だから、ハッカ油のせいで、こうなっちゃってんのか、


ハーブにとても興味が出てきた。

よく、アロマオイルとかって、体に塗って、


マッサージとか、リラクゼーションとか、あるのは、

知っていたけど、あまり、興味もなく、信じてもいなかった。


でも、ハッカ油もハーブの内に入るだろうし、

こうして、体に塗って、こんな作用があるとしたら、


他のハーブはどうなんだろうって、思う。

今度は、いろいろ試してみようか。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です