仕事を時間軸で区切ることのメリット

スポンサードリンク

最近、日課と言えるほどの、決まった時間に何をするってのが
定まりつつあります。

これは、別に意識的に設定したものじゃないけど、
自然と、やりながら、次はコットのほうがいいかなって、
そんな感じで、取り組んで行ったら、結果的に、
いまの状態になったというわけです。

それで、やりながら、自分でも気づいていたんですけど、
こっちのほうが、やりやすいな、気持ちが楽だな、
スッキリするという感じを持っていました。

それまでは、一応耳学問で、時間軸で、区切ったほうが、
いい。そうしたやり方で進めましょうみたいな、ことは
言われたいました。

その時は、ちょっと違和感があって、
やり残しはなるべくなくしたほうが、つまり、
ある程度、仕事の区切りがついてから、次の段階に
別の仕事に手を付けたほうがいいというような
気持ちを持っていたんですね。

まあ、それもけっして悪くはないと思うけど、
いざ、実践してみると、いろいろやることが多く、
同時並行的なものだったら、時間で決めたほうが、
ストレスフリーのようです。

なぜなら、考えてみると、負担が多いわけです。
量が多いと、これ全部やらなきゃっていう
心理的ストレスが自然と出てきます。

しかし、それをぜんぜん自分の気持ちを逸らしたかのように、
はい、これは、ここまでって、決まっていたら、
多いとか、少ないとかじゃなく、単に、愚直に、
やるだけっていう、割り切れるんでしょうね。

さて、今日も、その波に乗るだけです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です