スポンサードリンク

いつもいつも頭の片隅にある健康 への思いが、
いろんな考え、アイデアとなることがあります。

健康的になれる、健康 維持がうまく出来ているっていう人は
どんなタイプの人間なんだろうとふと疑問に思ったわけです。

それで、ちょっと自分の経験から考えてみたいと思います。

健康 への取り組みのポイント

わたしのこれまでの経験、健康維持に向けた試行錯誤から、
いくつかポイントを挙げたいと思います。

・継続的でなければいけない
・ひとつではなく、いろんな方法ややり方を受け入れられる
・うまくいかなくともくよくよしない
・試行錯誤しながら、いい状態に持っていける

継続的でなければいけない

何でもそうだと思うんですけど、やはりずっとやっていける、
やることが大切じゃないでしょうか。

もちろん、すぐにでも健康な状態を感じたいわけですよね。
しかし、悪い状態、不愉快な感じってのは、往々にして

長い間の疲労の蓄積、、みたいな、積もり積もって、たまって
症状かなんかとなって、私達が不健康に感じるんじゃないでしょうか。

ですから、逆に健康を取り戻すにはそれだけの、少なくとも
ある一定の期間は必要ではないでしょうか。

それを初めから、よく理解しておく必要があると思います。

ひとつではなく、いろんな方法ややり方を受け入れられる

健康は、人によってさまざまな悩み・症状がありますよね。
そして、肩こりとか、腰痛にしても一つのやり方だけが、

効果的ってのはないと思うんです。
実際、多くのやり方、実践が報告されているわけですよね。

ですから、いろいろあって、どれが?って見たり聞いたりされると思うんですけど、、、
そういうものだということを理解する必要がありますね。

うまくいかなくともくよくよしない

ダイエットにしても、ジョギングとか、サプリとかって試してみたけど
全然効果が表れないことって、ありますよね。

しかし、だいたい最初からみんなすぐに効果を表すことって稀だと思うんですね。
実際、わたしの体験でも色々やっていくうちに、効果が出た、、、というよりも

効果が見えてきた、感じれる、といった感じのほうが強いんですね。
ですから、説明通りにやってその通りにならないのは、当たり前みたいな気持ちでいます。

試行錯誤しながら、いい状態に持っていける

これも似たような感じなんですけど、だから、あきらめないで、
前の状態からして、どうかしら?とか、

いろいろ試すことで、なんとか思い通りの方向付けができてくると思うんですね。
これは、マニュアル通りじゃなく、個人個人の結果を反映させながら

健康になっていける状態になるんだと思います。
ですから、デタラメじゃなく、試行錯誤して、

徐々にいい状態が近づくという感じでしょうね。

健康って、理系的?

理系派、理系的といっても、これは、大雑把な捉え方で、
簡単には、論理的思考、デジタル的とでも言えるかと思います。

つまり、前提があって、ある考え方、進め方をしっかりするんですね。
人の健康は、医学の進歩とか技術で大きく向上してきたと思います。

一般の素人でもわかりやすく、簡単に、平易に説明もされています。
ですから、ビタミンをとったらどうなるとか、

疲れた時には、何々が有効に働き、疲労物質をなくしてくれるなど、
科学的見地から、特定してくれますからとても心強いですよね。

ただ、これを健康になりたい、痩せたい、、、とかって
実践する側のわたしたちは、どうなんでしょうか。

実際は、サプリとっても、運動してもなかなか思い通りにはならない。
ですから、医学が教えてくれる通りには、

自分には恩恵が届かないって思っちゃいたくなりますよね。
これだと、説明書にはこう書いてあるから、おかしいとか、

気むずかしく、論理思考だけで物事を捉えようとする人には
いかがなものでしょうか。

わたしは、理系の出身でしたが、健康については
たくさん、たくさん、打ちのめされたというか、

昔の天気予報みたいな感じで、当たらないのが
当たり前みたいな認識のほうが強くなりましたね。

ですから、はじめからすべてをガチガチに
期待する、捉えようとするタイプの人には難しいのではないでしょうか。

健康になれるには試しながらの人が合う

結局、健康って、人間の、ナマモノですですから、
医学がどう進歩したところで、実際は、

個人個人の状態、状況がとても大切だし、反映されるんだと思います。
ケース・バイ・ケースですよね。

血圧が高くなったら、食事に気をつけて、、とか、
大きな枠組みは、一緒なんでしょうけど、

そして、たいせつなことでしょうけど、食事療法だけで、
血圧が安定するかというと、これは絶対イエスとはいえませんよね。

私が推奨するサイクリングにしても、わたしも高血圧で悩まされた(いる)ころ
偶然に自転車通勤したところ、コレステロールや中性脂肪の値が

驚くほど改善し、お腹が元に戻りましたね。
しかし、血圧は依然高かったです。

ところが、今はって言うと、サイクリングなら、
かならず、翌日は下がる、サイクリング後にしても、

下がる体質と変わりました。
これが、どうしてなのかは、わたしにはわかりませんが、

いろいろやってきた結果としか説明はできませんものね。
これが、わたしの場合の健康維持のあり方なんですね。

ですから、いろいろ手広くやって、ダメ元が多いわけですが、
良くなろうという姿勢が、いろいろやってきていることが

少しずつ結果を出してきているんだと思います。
これって、はじめから計算されたように、

期待するタイプの人だったらどうでしょう。
わけがわかりませんからね。

それで、アナログ的になんでもちょっとやったことでも
反省というか、次の足しにして、こつこつやることが大切なんでしょう。

ですから、タイプからすると、文系派かな?って、
分けるとしたら、そうなると思っています。

いかがでしょうか。
どちらのタイプにしても、考え方取り組みを変えることによって

健康はいずれあなたにも訪れますからね。

スポンサードリンク
でとっくす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です